top of page

人の痛みに寄り添う施術

今日はかなり久しぶりに整体講座でした。 またまた写真は撮り忘れました。 2月からスタートしたのですが、コロナでなかなか開催できず。やっと‼︎ 施術をさせていただいた方々から、この施術を習う方法はないのですか?と、リクエストいたただき。 残念ながら師匠の永井先生が他界されてから動禅療術士の養成講座は存在しないのですが 私がこれまで先生から受け継ぎ、実践してきたセルフケア〜身近な方を癒すことのできるペアでの施術法をお伝えさせていただいております。 施術法は本物なので、本当に身体がよくほぐれリラックスします。 身体の弱っている人、健康な人も差がなく、誰にでも行うことができるのも良いところ。 今日は骨熱法の基本。 骨当て法の実践をじっくり行いました。骨同士を合わせて、微振動を送ることで、固まっていたコリがほぐれ、リンパも流れ、血行もよくなります。 頭のセルフケアをしたところ、参加者のお一人の方は、ずっと痛みが抜けなくて、来る途中も電車の中で辛かった肩甲骨まわりの痛みがすっかりなくなったと驚かれていました!! 手で、施術する骨を探す。 骨からずらさないように微振動をする。 というのがはじめはなかなか手に馴染まなくて、難しく感じるのですが。 そこは二週間。 毎日じっくり自分をセルフケアする。 そうすると、その壁を超えることができます。 手で微細な変化を感じることは、ヨガではプラティヤハラの練習にもつながります。 私の場合、ヨガの学びと、施術は切っても切り離せないもの。 感じる力を高めるという点においては、施術をすることは凄いです。 自分に対しても、人に対しても繊細に感じられるようになると、アーサナ(ヨガのポーズ)でもそれが感じられるようになっていきます。 もともと、介護手伝いや、身体を病んでいた家族がいたので、そのあたりを楽にしてあげたいという願いは常にありましたが、動禅ひびき療法は、本当に人の痛みに寄り添える施術だと思います。 習いたい!やりたい! と言ってくださる方がいてくれて本当に嬉しいです。 先生とお別れして2年。永井先生への想いは、たくさんあってなかなか言葉にすることは難しいのですが、こうして永井先生の手技を必要なかたへ届けることが何よりだと感じています。

きえ/KiiYOGA(@kiiyoga)がシェアした投稿 – 2020年 8月月26日午前3時26分PDT

Comments


bottom of page