top of page

指ヨガ 勉強会

今日は龍村式指ヨガ 研究会でした!


photo:01

研究会の感想を書く前に、指ヨガについて、軽く解説します。

指ヨガ呼吸法は、手の刺激と呼吸を組み合わせることによって、 全身に働きかける健康法です。

身体の部分=全体という考え方は多々ありますが、

その中でも手はむき出しの脳と言われていたり、全身の縮図と言われています。 そのくらい、手と脳、手と全身は密接に結びついているのです。

さらに、指ヨガはいつでもどこでも手軽に出来きます。

例えば、中指の第一関節から上は、頭とつながっています。 なので、頭が痛い時などは、息をふーーーーっと吐きながら 頭の痛みを身体から吐き出すようなイメージをして、 中指の第一関節から上をほぐしていきます。 そうすることで、頭の痛みを軽減することが出来るのです。

この息を吐きながらというのが大事なポイントです。 呼吸、動作、心を統一させることで、ただのマッサージではなく ヨガとしての効果が得られます。

さて、今日の研究会のテーマは”ペアハンドヒーリング”

基本的に、指ヨガは1人でもできるセルフケア健康法ですが、 今日は二人一組になって行う、ペアハンドヒーリングでした。

指ヨガインストラクター修了してから、 ペアハンドヒーリングの可能性や、良さというものは実感する機会が 多かったのですが、今日はさらに新しい発見や、 こんなにひとつひとつの操法の効果を実感できたのは初めてでした。

しかも、不思議なのは、施術を行っているほうも 気持ちいいんですよね。 疲れない。 自他ともに幸せになれる。というのがやはりヨガなのかなぁと感じました。

去年、京都に旅行にいった際に、 みぎたというおばんざい屋さんで女将さんと仲良くなり ペアハンドヒーリングをさせてもらう機会がありました。

わたしがインストラクターを取得して 初めてヨガ関係じゃない人に施術させてもらった体験です。

アロマオイルをつけ、 相手に呼吸を合わせ、相手のためにという気持ちで手指をほぐしていくと、 本当にただのマッサージでは得られない効果がでるんですよね。

みぎたさんは、施術を終えた後に、 今日はひどく手指が荒れてたんだけど、 すっごくピカピカになってキラキラしてるみたいーー! ふしぎーーー!!! と喜んでくれました。

みぎたにおとずれたのは2回目だったのにもかかわらず、 そこから連絡先も交換し、 今でも何かあると連絡するような仲になれました。 もちろん、みぎたさんのかわいらしくってご縁を大事にする 素敵なお人柄があってのことですが、 ペアハンドヒーリングを行ったあとは なおさら心の距離がグっと近づけた様に思います。

人と人をつなぐには 触れ合うことが重要だと実感しました。

触れ合うことで、相手に自分を、自分に相手をみることが出来る。

本当に指ヨガにはまだまだいろんな可能性があると思います。

Kii Yogaでも10回に1回くらいのペースで ペアハンドヒーリングを取り入れていきます。

指ヨガに興味のある方もぜひ、おこしください。

関連記事

すべて表示

大切な存在との別れとは

私のヨガのはじまりは、大好きだった祖父が他界したときがはじまりだったと思う。 祖父は脳梗塞になり、だんだんと認知が進み、動けなくなり、ほどんど寝たきりになり はじめて倒れた日から1年ほどで他界した。 私を無償の愛で守ってくれた存在との別れは、 高校2年の自分には、耐えられないほどの悲しみだった。 それから、死について、 生きることについて、 幸せとは何か に向き合う日々だった。 そして、24歳

bottom of page