top of page

第2回 沖ヨガ式丹田力・生命力開発法特別研究会

本日は第2回 沖ヨガ式丹田力・生命力開発法特別研究会でした。 日本各地から26名の参加者のみなさまにお集まりいただきました。

講義は「丹田の四つの働き」について。

「人間生命の基本的能力」について。 生命力強化法―修行療法の原点 著:沖正弘 より





・統一力

・安定力

・コントロール力

・適応力

・耐久力


について龍村先生より解説していただきました。



そして、沖ヨガは技術中心ではなく、自己開発した末にある1人1ヨガであり、

修・破・離を経て原理・原則にもとづいているもの(誰にでもあてはまること)を

求めていく、求道ヨガであること。


と、おっしゃっていました。



行法は、前回はスタッフ参加で、ほぼ見ているだけだったのですが、 今日は少し動きにも参加。

腰腹力を高めていく動きが続く中。 ワニのポーズのまま前進していく動きは もう全く、前に進まず、、、 自分の腰腹力の無さに愕然。

普段をヨガをしているつもりでも、肝心なところがなってない。と痛感。 ヨガの心地よさの中で、

「わかったつもり」 「やってるつもり」

になっていると実感しました。

これは、日々鍛えよう・・・

と言っても、腰腹力=腹筋・背筋ではありません。 締めたり、緩めたりがバランスよくできる力を高めていくこと。 これが腰腹力の強化につながるのです。

実は、沖ヨガ協会の事務局で勤め始めてから丸2年が経ちました。 様々な沖ヨガの先生と関われる環境・ヨガが日常にある環境。 これは当たり前でないと改めて気合を入れなおした1日でした。

いつもお世話になっているみなさんに感謝。


関連記事

すべて表示

大切な存在との別れとは

私のヨガのはじまりは、大好きだった祖父が他界したときがはじまりだったと思う。 祖父は脳梗塞になり、だんだんと認知が進み、動けなくなり、ほどんど寝たきりになり はじめて倒れた日から1年ほどで他界した。 私を無償の愛で守ってくれた存在との別れは、 高校2年の自分には、耐えられないほどの悲しみだった。 それから、死について、 生きることについて、 幸せとは何か に向き合う日々だった。 そして、24歳

bottom of page