top of page

第3回 沖ヨガ式丹田力・生命力開発法特別研究会

本日は「第3回 沖ヨガ式丹田力・生命力開発法特別研究会」でした。

講義は「心身開発強化の方法」 ・生きている訓練法 ・自然法則とは 自然法則に従った生き方とは、 変化刺激、バランス回復刺激(調和刺激)、安定刺激 訓練を総合的に行うこと。

三法印(さんぼういん) 諸行無常 諸法無我 涅槃寂静

一切行苦

についての解説でした。

自然法則に従った訓練法を行うことを”行”と言い、生活すべてをこの様に工夫するのが、ヨガの行法である。そして、心身が動揺するような刺激にあっても、どの様なつらい苦しい状況の時でも、「笑い、やすらぎ、くつろぎ、平和な状態」であり得るように訓練するのが、ヨガの生命力強化行法である。この最高に安定している状態を、身体の面では”禅”といい、心の面では”信仰(無心)”と言う。ヨガでは、この安定力を高めるための刺激として、身体面では、丹田力強化訓練を、精神面では、大脳の安定力とコントロール力を高め、強める仏性開発強化訓練を行う。 
引用:「生命力強化法」沖正弘

そして行法は、 からだを十分にほぐしてから、四股踏み、受け身、柔道の固め技から逃げる そこから赤ちゃんハイハイ(匍匐前進)のようなこと。 2人ぐみや3人ぐみでの丹田開発法。複数人での丹田開発法。

今日は暖かかったので、みなさん汗だくになって行っていました! 無心で一生懸命になる。必死でやる! というのが心身の強化につながります。

腰の力が抜けている様子をみて 「ヨガをやっていて柔軟だけれど、 実はこういう締めることが苦手という人は多いですよ」 と、龍村先生。

わたしもどうしても緩めることばかりに意識が向きがち。 なかなかうまく動けません。

だけど、締めることと緩めることどちらもできることが バランスがとれた状態。 命が協力している状態なんです。

そして最後に全員で輪になり、数パターンで天付き50回! グループですると他と協力する力になり、 適応能力を高めることにつながるのです(^^♪

あらためて、わたしが沖ヨガが好きなのはいろんな理由があるんだけど、 また1個はっきりしたことが。 もちろん1人で行じる。もくもくと行うヨガは 自分を見つめることでは重要なんだけど。

こういう、みんなで協力しあうから出来ることにとてもワクワクするんだな~。 1人ではできないことがみんなでなら出来て。 みんなでやるから喜びが2倍にも3倍にもなる。

そのあとは、身体をゆるめることをして、十分にくつろぎます。

写真を見て、え!? これがヨガ!?と思った方は ぜひぜひ沖ヨガスタジオに足をお運びください(*^_^*) 龍村先生から直接、講義&行法を学べるチャンスです!

しかも!次回からは強化法の講座が金曜日になることで

午前は龍村先生の強化法! 午後は永井先生の動禅整体があり、 沖ヨガ「丹田班と改造班」どちらも体験できるお得な(?)1日となります!!

ちなみに私はクラスの無い時には、 受付兼、事務でほぼ毎日おりますので♫ 見学にもきてね♫






Comments


bottom of page