top of page

1. 記事見ました

この1年を振り返ると、 なんていうかあっっっっという間でした。

と、ともに前進して前進してっていう1年だった。

去年の12月の日記を読むと、 ホットヨガでバイトしながらも、 なんかここが自分の居場所じゃないともがいてた。

ヨガのこともまだまだ浅くてなんにも分かってなくて。

でも、沖ヨガに関わりながら、 深い呼吸で本当に心も体もこんだけ変わるんだよ!っていうのを 伝えて行きたい。

ていうのだけをずっと思い続けてて。

でも、何したらいいか分かんなくって。 ただがむしゃらに目の前のことをやろう! て思ってて。

だけど、12月末に何かがブツンっと切れたように。 限界がきてバイトをやめた。 むちゃくちゃ情けなかったし、自分で決めた道が正しいのかも分からなかった。 ただ、根性がないだけじゃないかって悩んだりもした。 また、停滞する自分に戻るのも嫌だった。

そこから1か月半いっぱい悩んた。

そんなときに今の事務局の募集を見つけて、 ほんっとにほんっとに自分にも自信なかったし 勇気がいったけど、面接にいくことにした。

そしたら、初対面にもかかわらず事務局長に 面接なのにいっぱい本音で話せて。

数日して事務局の仕事が決まった。

それからは、本当に毎日毎日が新鮮で楽しくて。 ここにいられるだけで自分はなんて幸せなんだろう。 有難いんだろう。って思った。 やりたかったヨガを身近で感じることが出来て、 事務局長も、いろんな先生たちも良くしてくれて。

プライベイトでは結構変動もあったのだけれど、 そんないちいち一喜一憂してられないほど、 いろんなことが起きて行って。 ちょっとヘコみそうなときでも 事務局長がひっぱってってくれたり。 龍村先生の言動にはげまされたり、気づかされたり。 そのほかの先生方との関わりの中で、 たくさん支えてもらって前進できたんだと思う。

細かく書いていったらキリがないほど、 この一年は私にとってすっごくすっごく大きな一年だった。

私が思っていた以上に ずっとずっとずっとヨガは深くって。 分からないことだらけだから もうただただ何でもやってみよう。 と、思って勧められてこと、目の前にきたことは とにかく挑戦してみようという感じだった。

断食だけは食欲に負けたけどwww

言葉で表すのはすごく難しいんだけど、 本当に今の自分はまだまだヨガのほんの一部しか知らないって ことだけはハッキリわかる。 だから、もっともっとヨガを深めていきたいし。 今の場所でいっぱいいっぱい学びたい。

そして学んだことを、 私のヨガに来てくださってるみなさんに いっぱい還元していきたいのです。

今年の目標は早寝早起きと、2年以内に自分のヨガ教室を始める。

だった気がするんだけど・・・

早寝早起きはまぁ自然とできるようになってきたし。 まだまだ朝は弱いですがw ヨガ教室はこうやって身近な人たちに教えさせてもらう。 というところから始めることができた。 こうやって、いざヨガ教室をやってみると、 私のほうがみなさんに学ばさせてもらっている。 協力してもらっている。 ということを実感するのです。

今までの経験が 点と点が繋がって線になる。いうけど まさにそんな1年でした。 こんなに気持ちよく新年を迎えられるのは、 正直人生ではじめてかもしれない。

大げさかもしれないけれど。

まだまだまだまだ未熟で、至らないところだれけで。 周りの人たちにも迷惑をたくさんかけるかもしれないけれど。

等身大の自分を受け入れて。 また、来年もいろんな人たちとヨガするぞ!!!!!!!! そして、来てくれた人、関わった人達が、 たくさん笑えるような。 そんなヨガをしていきたいと思います。

そして、日々支えてもらっている 家族、友人、身近な人、大切な人たちが、 ますます光り輝きますように・・・・

本当に今年一年大変お世話になりました。 そして、来年もまたどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

すべて表示

大切な存在との別れとは

私のヨガのはじまりは、大好きだった祖父が他界したときがはじまりだったと思う。 祖父は脳梗塞になり、だんだんと認知が進み、動けなくなり、ほどんど寝たきりになり はじめて倒れた日から1年ほどで他界した。 私を無償の愛で守ってくれた存在との別れは、 高校2年の自分には、耐えられないほどの悲しみだった。 それから、死について、 生きることについて、 幸せとは何か に向き合う日々だった。 そして、24歳

bottom of page