top of page

12/4 癒しのヨガ【体側を伸ばして胸を広げる、骨熱法】

12月4日のヨガのクラスは、 体側を伸ばして胸を広げるをテーマに行いました。

クラスの前半でしっかり”骨熱法”のやり方を実感していき、

アサナをやりやすくするときにも、その方法でほぐしました。

はじめに、ご自身の体側の傾き方のやりやすい方、やりにくい方を確認し、

やりにくい方を骨熱法と、簡単な修正法でほぐしていきます。 そうするとみなさん、今までよりも体側は曲がり、胸の広がりを感じられます。

そこから、いよいよ、かんぬきのポーズや、三角のポーズ、

深い三角のポーズでより体全体を使っていきました♪









帰るころにはみなさん”胸の周りが温かくなった”とうれしい感想もありました♪

今日は★パリグハアサナ(かんぬきのポーズ)★を紹介 骨盤とその周辺が伸ばされる。腹部を一方へ曲げることにより、

他方が伸びるので、腹部の筋肉と内臓の調子が整い、腹部のたるみを防ぎ、

その結果健康状態が保たれる。また、両側に屈伸することにより、背骨が柔軟になる。

1、両足首をつけてひざまつく 2、右足を伸ばして、右足、上体、左膝が一直線になるようにおく。

  右ひざをまっすぐ伸ばして、右足首以下を外に向ける。 3、息を吸いながら、両手を横にのばす。 4、息を吐きながら上体と右手を伸ばした左足の方へ曲げていく。

  右手をできるだけ右足首に近づけていき、右腕手首をそれぞれすね、

  足首に近づける。左手を頭上に大きく円を描く要領で右手に近づける。

  左右両腹部は均等にのびるように気を付ける。 5、数呼吸行ったら、上体と手を(3)の状態に戻す。

  次に、右足を曲げひざまづき、(1)にもどって左右に足首をつける。 6、同じ動きを反対も行う。


Comentários


bottom of page