top of page

6/12 癒しのヨガ【前屈をやりやすく】

6/12の癒しのヨガは、

坐骨神経痛が気になるという方がいらっしゃったので、

長座前屈、片足前屈、合せき前屈で坐骨を整えていくことからスタート。

ヨガブロックを利用し、前屈の基本的な動きをおさらいしつつ、

関連部位を利用し、前屈をやりやすくしていきました。

しっかり手とお尻(仙骨後ろ)で伸びあっていくだけで、

じわーと内側から暖かくなっていきます。

そこから、いつもの猫のポーズの流れから、

犬のポーズ。さらに三角のポーズ。ブロックを利用した深い三角のポーズを。

下半身をしっかり安定させ、上虚下実の状態へ。


本来ヨガ体1つあればできることですが、

手がとどかない時は、手の延長に。

意識をもっていきたい場所に挟んだり。

初心者の方などは、ヨガブロックを使うことで体を上手く使うことができます。



本日のクラスの感想は・・・

★身体の動きに集中できて楽しかったです

★次の日のお通じが変わる

★体中のめぐりがよくなった

などなど・・・


ぜひ、クラスの中で体感してみてくださいね(*^_^*)






また、雑誌「いきいき」の今月号に、

龍村式眼ヨガのモデルとして載せていただきました(*^o^*)♥︎ 年間購読雑誌なので、店頭では手に入りませんが、、、

もし、お店や図書館などで見かけたら、

とても充実した内容なのでみてみてくださいね〜♥︎




*上半身ほぐし ・合掌から腕回し ・肩回し ・胸ひらき ・首のばし ・体側のばし ・体側ひねり *下半身ほぐし ・足指ほぐし ・足指の骨くみ ・足首まわし ・足マッサージ ・股関節ほぐし *長座前屈

*片足前屈

*合蹠前屈 *ノビ猫 *猫 *猫変形 *うさぎ *のびねこ

*犬のポーズ

*シャバアサナ

*三角のポーズ

*三角のポーズ2

*太陽礼拝

*シャバアサナ

関連記事

すべて表示

大切な存在との別れとは

私のヨガのはじまりは、大好きだった祖父が他界したときがはじまりだったと思う。 祖父は脳梗塞になり、だんだんと認知が進み、動けなくなり、ほどんど寝たきりになり はじめて倒れた日から1年ほどで他界した。 私を無償の愛で守ってくれた存在との別れは、 高校2年の自分には、耐えられないほどの悲しみだった。 それから、死について、 生きることについて、 幸せとは何か に向き合う日々だった。 そして、24歳

bottom of page