top of page

Kii YOGA 【大切にしていること vol.2】

大切にしていること   現代は情報過多の時代です。 インターネットを検索すればあっという間に大量の情報を得られます。  ネットやテレビで “納豆がコロナ”に効く!  こんな情報が流されれば、 みんなスーパーに走ります。 納豆の棚はすっからかんに。  デマか、デマでないか以前に、 たしかに納豆は日ごろから 食べている場合、腸内の働きがよくなり 免疫力を高めることに繋がる。 そんな側面はあります。   しかし、 取り繕うように食べたところで、 日ごろの生活の結果である 今の自分の身体にそんなに変化が あるでしょうか…  それに、納豆を食べてながらも ほとんど動かなかったり、 暴飲暴食をしたり、 過度にストレスを溜め込んでいたら、 不平不満を言いながら食事をしていたら、 どうでしょう?   人はいろんな理由でその情報を信じます。  ●科学的根拠があるから ●みんなが買っているから ●なんとなく不安だったから   沖ヨガでは、  “信じるな、疑うな、確かめよ(つづけよ)”  の心を大切にしています。   誰かが発したことをまるのまま鵜呑みにするわけでもなく、疑うわけでもなく、自分で体験、体得するために、実行する。  という考え方です。  そして、それを体験する過程でも、自分だけの感覚にとらわれず、  ●科学性 ●哲学性 ●宗教性 ※ここでいう宗教とは〜教を信じるという意味ではなく、真実とは何かを学び、伝え、真実の実現に努力するもの。  この3つの視点を持ちながら確かめていくことで、自分だけの固執した考えや、エゴから離れることに繋がります。     私は、今のNPOのヨガの団体に勤める前に、ホットヨガで働いていました。  当時、インストラクター 養成講座を出たばかりで、ヨガの世界のことは右も左もわからず、それでも仕事にしたいと始めたのがホットヨガの仕事でした。  はじめは、ワクワクしてスタートしたものの、バックヤードでエナジードリンクが山積みになっていたり、心を置いてけぼりにしたポーズ中心のヨガを目の当たりにして、ホットヨガを続けていくことが苦痛になってしまいました。  もちろん、ホットヨガ全てが悪いと言っているわけではありません。汗をかくことで代謝が上がったり、メリットもたくさんあります。ただ、私には合わなかった。  でも、せっかく雇ってもらって、ヨガを仕事にできたのに、辞めていいのか。悩みに悩んで。  辛くなったとき、龍村先生に尋ねました。  すると、 “ある程度やって、辞めたらいいよ。”と。  この言葉で辞める決心がつきました。  この経験は今でも活きています。 ホットヨガに勤めなければ、ホットヨガの良い点も悪い点も、本当の意味ではわからなかったと思います。  生徒さんから、質問されたときも、 良い悪いの判断ではなく、 私の体験を話した上で、 でも人それぞれ感じることは違うから 体験してみてくださいね。 と、言える。  これは、どんなことでもそうだと思います。  物事には多様な側面があって、 どんな研究結果がでようとも、 人によって感じ方捉え方、 反応の出方は違うから。   だからこそ、  信じるな、 疑うな、 確かめよ。  その心で、 自分にとって なにが自分を活かすか。 を体験体得する。  まずはやってみる。  そのことを大切にしています。    

きえ/KiiYOGA(@kiiyoga)がシェアした投稿 – 2020年 5月月14日午前10時12分PDT

関連記事

すべて表示
bottom of page